So-net無料ブログ作成
検索選択

ダース・ローマシュ匡を起用した梨田采配 [プロ野球]

5/6(祝)
西武3-1日本ハム

突如1軍マウンドとなったダース・ローマシュ匡(以下ダース)。
5回被安打4、1失点、自責点0。

初マウンドとしては合格点だろう。
ただ、この采配には勝負師梨田監督の絶妙な采配術がある。

今日のスタメンを見て驚いた。
1、(中) 森本稀哲
2、(一) 三木肇
3、(二) 田中賢介
4、(右) 稲葉篤紀
5、(指) スレッジ
6、(三) 陽仲寿
7、(左) 金子洋平
8、(捕) 小山桂司
9、(遊) 金子誠
(投) ダースローマシュ匡

三木、金子と、今までチャンスがなかった若手を積極的に起用していたのだ。
チームの状況が良くないとき、ラッキーボーイを期待して若手を起用することはままある。
しかし、日本ハムは大手術をすべき理由はあまりない。
(前日の大逆転負けを引きずらないためにも若手で勢いを取り戻そうという気持ちはあったかもしれないけど。)
しかも絶好調の西武相手にである。

奇襲なのか、若手育成なのか…考え方はいろいろあるだろうが、
私はノーデータという点に重点を置いたような気がする。


連覇を達成したチームは当たり前のように研究され尽くしている。
スタメンもそうだし、先発投手、抑え投手に至るまで。
そんな中でのノーデータ選手の起用。
何とも大胆な采配である。

勝っても負けてもこの作戦は成功じゃないかと感じる。
何をやってくるかわからない。
そんなイメージを相手チームに植えつけるだけでも効果はある。

実際負けてしまったのだが、ダースの好投は収穫。
他の2選手は打撃での貢献はなかったけど、
誰か1人でも活躍してくれれば十分に意義のあった行為だったのではと思う。

首位相手にそんな大胆な采配をした梨田監督、今後も見逃せない。



そしてここまでの梨田采配を見ていても、
近鉄の監督時代の面影はない。
やはり「いてまえ打線」を組んだのは、
そういう選手が多かったから、そういうチームにするのがベストと判断したからなのだろう。
日本ハムは間違ってもそういうチームではない。

ホントは4番がしっかりしたチームを作りたいだろうけどね。
稲葉は4番じゃなくて7番くらいに置けるチームだともっともっと強くなると思うなぁ。
そのためにも次のスター選手が生まれることを願う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。